地域包括ケア病棟運用最適化を考える②

―重症度、医療・看護必要度&地域包括ケア病棟改定内容解説 その2―

今回は、前回に引き続き、地域包括ケア病棟の運用最適化についてお話しします。

改定内容を踏まえ、どのように地域包括ケア病棟の運用を変更すれば収益の減少を抑えられ看護必要度に対してもプラスであるのかを、改定シミュレーションの実施結果を用いて検討します。

前回の記事はこちら↓

関連記事

―重症度、医療・看護必要度&地域包括ケア病棟改定内容解説 その1― これまでの記事では、地域包括ケア病棟に関する2020年度診療報酬改定内容と、重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)の改定内容について、改定シミュレーションの実[…]

前回は地域包括ケア病棟の従来の運用傾向を疾患別に分析し、それらの疾患の看護必要度が2020年度の改定でどう変わったのか、データを確認してきました。

今回はそれらの疾患の収入について、2020年度の改定でどう変わったのか確認し、今後の地域包括ケア病棟運用のポイントについてお話ししていきます。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン