【看護必要度】関連記事まとめ

当サイトでは、これまでに看護必要度関連の記事を多く掲載しています。

複数の記事に渡って情報が掲載されているため
どの記事のどの部分にどのような情報が載っているか、こちらの記事にまとめさせていただきました。

看護必要度の情報収集の際の参考にしていただけますと幸いです。
下記のリンクをクリックしていただくと、それぞれの記事に遷移します。

※ログイン後に閲覧可能な記事が多くなっております。
 未登録の方は、登録後にお読みいただきますよう、お願いいたします。

診療報酬改定内容の詳細
・基準値の改定とシミュレーション結果
―急性期一般入院料1では看護必要度ⅠとⅡでそれぞれ「31%以上」「29%以上」に変更 など

・A、B、C項目や項目に関する評価基準の変更
―A項目:「A7専門的な治療・処置⑥免疫抑制剤の管理」を、注射剤に限る など

・看護必要度Ⅱ適用範囲に関する見直し内容
―A項目(薬剤を使用するもの)・C項目について、看護必要度Ⅰにおいても『レセプト電算処理システム用コード』を用いた評価とする など

・該当基準割合のシミュレーション結果
―看護必要度Ⅱで届け出を提出している病院(106病院)では、該当基準割合29%を下回る病院はわずか6%

看護必要度対策

・看護必要度Ⅰの評価を継続している場合の対策
―① 看護必要度ⅡにおけるEFファイルの入力漏れの可能性がある項目を洗い出す
―② 制度の確認と現場へのヒアリング

・看護必要度Ⅰの評価を継続していない場合の対策
―DPC別に処置について他院と比較することで、自院のコスト算定漏れの可能性を発見する

・地域包括ケア病棟を活用し、看護必要度を上げるには
―「脳梗塞」「肺炎等」「誤嚥性肺炎」などの患者について、地域包括ケア病棟への積極的な転棟を検討してはどうか

その他

・救急医療管理加算の査定による看護必要度Ⅱの地域差
―九州地方で特に顕著な乖離がみられる

※2020年12月25日追記※

日本病院会より、「令和2年度 厚生労働行政推進調査事業費補助金(厚生労働科学特別研究事業)重症度、医療・看護必要度Ⅱの計算アルゴリズムの検証により、保健医療施策の立案に資するための研究 -中間報告-」が発表されました。

詳細は下記URLをご確認ください。

http://www.hospital.or.jp/pdf/06_20201218_01.pdf

重症度、医療・看護必要度のカテゴリの記事一覧は、下のリンクからご覧ください。

病院経営情報と診療報酬改定をデータ分析するポータルサイト「病院データ研究所」

病院経営情報と診療報酬改定をデータ分析するポータルサイト「病院データ研究所」…

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン