データから2020年度前半の急性期病院事情を振り返る(後編)

新型コロナウイルス感染症と闘った2020年度前半の患者動向について、当社の二次利用許諾データを用いて改めて振り返ります。

前編では、入院診療の収入・患者数のデータから、2020年7~9月は小規模(200床未満)の病院で、特に患者の戻りが早いことが判明しました。

後編では、小規模病院でどのような患者が増加し、どのような患者が減少しているか、MDC2別の分析や外来診療データの分析結果から考察します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン